インテリア照明にこだわってみる

インテリア照明を素敵なものに変えてみると実は空間全体がとてもおしゃれになります。
インテリアについては好みの家具やドアなどの建具、フローリングの材質やカラーなど様々な組み合わせでセンスよくなるものです。
お部屋を空間ととらえ、床、壁、天井をまず決めます。
床は天然のものが好まれることが多いですがお手入れの難しさなどがあるので天然にこだわる必要もないでしょう。
壁のクロスは様々な柄、材質があって一番の悩みどころです。
広い空間なので小さなサンプルだと想像しづらいかもしれません。
しかしクロスは案外張り替えも容易なのでとりあえずピンときた好みのものにしてみるのもいいかもしれません。
天井はシンプルなものにする人もいますが案外センスの見せどころでもあります。
シーリングライトやシャンデリア、ペンダントライトなど様々なデザインのものがあります。
見た目だけでなく、照明によって光の広がりは違ってきて結果部屋全体の印象がまったく違ってくるのです。
このように照明選びというのは大変重要なことでもあります。
LEDライトだと電球交換も数年に一度で済むし、何より明るさが違います。
昼白色や昼光色と光の色を調整できるリモコンつきの商品などもあり部屋を好みの色合いにすることができます。

部屋全体がインテリアデザイン、インテリア照明でオシャレルーム

照明は部屋を明るくして、物を見やすくする事だけが用途ではありません。
近年、インテリアとして活用している方も多く、エクステリアデザインやインテリアデザインを決める大切な要素の一つとなっています。
部屋全体を明るく照らすシーリングライトのような照明はリビングやダイニングといった部屋で活躍します。
こういった部屋は家族全員が集まる場所ですし、子供が勉強したり、工作したりする事もある部屋ですから、明るさの確保は重要です。
それに対し、寝室は寝るための部屋ですから、明々とした照明は必要ありません。
リラックス出来るような温かみのある照明を設置すると良いです。
スタンドライトやダウンライトを設置すると良いですし、インテリアとして観葉植物を置き、その植物を照らすような間接照明をつけるのもオシャレです。
このように、ただ空間を照らすだけでなく、他の物体とコラボしてインテリアとしての価値を見出しながら、配置場所を決定すると、部屋全体のインテリアデザインがまとまりやすくなります。
最近では照明自体のデザイン性も高くなっており、明かりを灯さなくてもオブジェとして置いても良いようなインテリア照明が多くなっています。
そういった商品も活用しながら、自分だけのインテリアデザインを作っていくのも楽しいです。

おすすめWEBサイト 5選

価値のわからない美術品、ご不要になった装飾品や茶器、衣装、書物など、その他取り扱う品物は様々です。

中国美術 買取

自然な仕上がりと、つけていないような装着感

川崎 まつげエクステ

にきびを本格的に治療したい方にはやはり美容皮膚科がおすすめです。

美容皮膚科 にきび

お気に入りの布・生地と共に過ごす素敵な毎日、楽しいハンドメイドライフを

リネン生地

Last update:2015/6/19